子供の頃から、手足ともに毛深いなーとは思っていました。
毛も濃いし、太いしで見るたびに嫌でした。

でも、小学生のころはすごく日焼けをしていて真っ黒だったので、人からはそんなに分からなかったと思います。

小学生4年の夏に、ノースリーブを着ていたらお友達が、
私の脇を見て「脇毛がはえてるー!脇毛チェック!」なんて騒ぎだしました。
自分でも何のことかわからず、脇毛?と思い、よく見てみると一本長い毛がありました。

それだけでも嫌で嫌で、お風呂に入った時に父親のカミソリで剃ってみました。
手足は、日焼けで黒いから目立たないけど脇は白いから、一本でも目立ったんですね。

でも、小学生だからそんなこと言われたのがすごく恥ずかしくて、嫌でした。

中学生になると、もうそんなに真っ黒じゃなかったので手足の毛も目立ち、体育が嫌でした。
またカミソリで剃ったりしました。でも毛穴が目立つなーと思い、
脱毛ワックスというものを初めて使いました。
すごく痛かったです。

でもそんなことよりも今ある毛を何とかして処理したい・・・
その気持ちのほうが遥かに強く、思春期のコンプレックスは全てがコレでしたね。

⇒永久脱毛を奈良で!TOPページ